猫と暮らす

動物病院で猫のシャンプーはしてもらえるの?価格は?身体を綺麗にする、シャンプー以外のおすすめ方法も紹介!

猫ちゃんといえば、”水が大嫌いな動物”として有名ですよね。

「猫にシャンプーは必要ない」とは言われているものの、時にはニオイが気になったり、身体が汚れてしまったり、「さすがにこれは洗わないと…」ということもあります。

 

とはいえ、大暴れして鳴き叫び(泣き叫び?)、

暴れすぎて、自分ではシャンプーができない…

と悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

 

そんな時におすすめなのが、動物病院でシャンプーをしてもらうこと。

ただ、動物病院でシャンプーをしてもらう際には、注意すべきこともあります。

 

そこで今回は、猫ちゃんが動物病院でシャンプーをしてもらう際の価格や注意点などをお伝えします♪

この記事をまとめると…

・シャンプーの参考価格は5,000~10,000円
鎮静剤麻酔を打ってシャンプーする病院もある
・ちょっとした汚れにはボディタオルを活用しよう!

\なでるだけで身体スッキリ!/

動物病院で猫のシャンプーはしてもらえる?

全ての動物病院でシャンプーができるわけではありませんが、ワンちゃんのトリミングコースがある病院の場合、猫ちゃんでもシャンプーをしてもらえる病院が多いです。

肝心のお値段については、動物病院によって様々。

いくつかの病院をピックアップしてみると、

短毛猫 長毛猫
A病院 4,500円~ 5,000円~
B病院 5,000円 6,000円
C病院 6,500円~ 7,500円~
D病院 6,000円 10,000~12,000円
E病院 4,700円~ 5,700円~

というように、5,000~10,000円という病院が多いようです。

高めに見積もって、「10,000円でお釣りがきたらラッキー」位に考えた方がいいかもしれません。

 

正直な話、私が通っている美容院はシャンプー&カットで3,000円なんですよ…。

シャンプーだけで5,000円以上だなんて、猫ちゃんはリッチですね…(;´・ω・)(笑)

猫用ブラシ「ファーミネーター」を使ってみたレビュー。猫ちゃんの抜け毛で困っている方におすすめ!ブラッシングをしても毛があまり取れなかったり、抜け続ける猫ちゃんの毛に困っていませんか? 我が家のあずもちは長毛種なんです...

鎮静剤や麻酔をしてシャンプーをする病院もある

ただ、動物病院でシャンプーをしてもらう際は、事前に注意すべきことがあります。

というのも、動物病院の中には、猫ちゃんに鎮静剤や麻酔をしてからシャンプーを行う病院もあるんです。

 

やはり、水が苦手な猫ちゃんも多いため、

・シャンプーが苦手な子
・シャンプー、水に慣れてない子
・暴れてしまう子

には、あらかじめ鎮静剤や麻酔を打つ病院もあります。

その場合、シャンプーの料金にプラス麻酔料金がかかります。(麻酔の料金も病院によって様々ですが、5,000円前後の病院が多いです)

 

もちろん、鎮静剤や麻酔を打つことで、猫ちゃんの不安・不快な気持ちをなくすことができるというメリットがあります。

また、猫ちゃんが暴れないので、鎮静剤や麻酔を打たない時よりも念入りにシャンプーをしてもらうことができます。

ただ、鎮静剤や麻酔を打つ以上、”身体に全く負担がない”とは言えません。(病院によっては、全身麻酔をする病院もあります)

人それぞれ考え方は違うとは思いますが、個人的には、シャンプーのためだけに麻酔をすることには抵抗があります。

とはいえ、暴れようが鳴きわめこうが、無理矢理シャンプーさせる…というのにも抵抗はありますが…(;´・ω・)

 

なので、動物病院でシャンプーをしてもらう時には、事前に麻酔や鎮静剤を使うのかどうかを確認して、その上で実際にシャンプーしてもらうかを判断するようにしましょう。

”全員絶対に麻酔”というわけではなく、獣医師の判断で麻酔をするか決める病院もあるため、まずは獣医師の先生に相談してみることをおすすめします。

\猫による”猫のためのコラム”発信中

シャンプー以外で、猫の身体を綺麗にする方法

猫ちゃんの身体が汚れてしまった時、汚れを取る方法は決してシャンプーだけではありません。

例えばペット用のボディタオルなら、シャンプーをしなくても身体の汚れを取ることができます。

ペット用のボディタオル・ウェットシートは、猫ちゃんが舐めても安心な成分が使われているため、万が一舐めてしまっても大丈夫!

また、消臭成分を配合しているボディタオルも多く、拭くだけで身体のニオイもスッキリさせてくれますよ!

・特に汚れていないけど、定期的に身体を洗いたい
・汚れているけど、シャンプーをする程でもない

という場合には、こういったペット用ボディタオルを使ってあげた方が猫ちゃんのストレスも少ないのでおすすめです♪

「トリートメント手袋なでなで」はシャンプー嫌いの猫ちゃんにおすすめ!

もちろん、中には「ボディタオルすら嫌い…」という猫ちゃんもいますよね。

そんな

シャンプーも嫌い!ボディタオルも嫌い!

という猫ちゃんにおすすめなのが、「トリートメント手袋なでなで」。

「トリートメント手袋なでなで」は、その名の通り、手袋型のボディタオルです。

使い方は、飼い主の手に手袋をはめ、いつもと同じように猫ちゃんをなでるだけ。

ボディタオル・ウェットシートが苦手な猫ちゃんでも、手で撫でられる感覚ということもあり、これなら許してくれる猫ちゃんも多いです。

 

また、トリートメント手袋は”手袋型のボディタオル”…つまり、指先そのものがボディタオルになるんです。

そのため、細かい動きがしやすく、首回りやお尻回りなど、細かい部分の汚れも拭き取りやすいというメリットもあります♪

 

ちなみに、我が家の長男・おもちに「トリートメント手袋なでなで」を使ってみたところ…

手の異変には気づきましたが、身体を洗われていることには気づいていないようでした。(笑)

おもちは水に濡れることが大嫌いで、もちろんシャワーやシャンプーも大嫌いなので、シャンプーをする程の汚れではない時は「トリートメント手袋なでなで」で綺麗にしています。

 

ちなみに、トリートメント成分が配合されているおかげで、使い終わった後は私の手までしっとりしているのが嬉しいポイント。

「トリートメント手袋なでなで」を使う時は、いつも両手にはめて”ながらハンドケア”の時間にしています。(笑)

少しお尻が汚れてるだけなのに、麻酔を打ってシャンプーはちょっと…

と抵抗のある方は、シャンプーをする前に、まずはペット用ウェットシートや「トリートメント手袋なでなで」で汚れを取ってみることをおすすめします✨

 

トリートメント手袋なでなで」は、楽天市場やAmazon等で売っているので、気になる方はチェックしてみて下さいね!

\撫でるだけで身体スッキリ!/

グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードが人気の理由を徹底解説!「猫は穀物が苦手」って本当?「グレインフリー(穀物不使用)」という言葉を聞いたことはありますか? 「グレインフリーキャットフード」とは、穀物を使用しないキャッ...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
ABOUT ME
あずもちママ
あずもちママ
ネコをこよなく愛する、関東在住のアラサー主婦。 ラガマフィンの「おもち」とノルウェージャンフォレストキャットの「あずき」を飼っています。■管理人と、二匹のネコのプロフィールはこちら