安全なキャットフードの選び方

猫のエサはドライとウェット、どちらをあげるべき?それぞれのメリット・デメリット

ネコの餌には、ドライタイプとウェットタイプがありますよね。

 

種類もかなり多く、

「いったい、どのエサをあげればいいんだろう…?」

と迷っている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

 

実は、ドライフードとウェットフードには、それぞれメリット・デメリットがあるんです。

 

ドライとウェット、どちらもいいバランスであげるのが、ネコちゃんの健康にもつながります✨

 

そこで今回は、ドライフードとウェットフード、どちらをあげるべきか?についてお話したいと思います💡

ドライフードは、水分量が少ないが歯垢がつきにくい

ドライフードとは、一般的に「カリカリ」と呼ばれるタイプのキャットフードです。

価格は、1キロ500円前後の安価のモノから、1キロ4,000円前後する高級品まで、かなり幅広いという特徴があります。

 

なかでも「総合栄養食」と呼ばれるドライフードは、それだけで必要な栄養素が補うことができます。

 

ドライフードのメリットとしては、
[aside type=”boader”]

  • ドライフードだけで、必要な栄養素を摂取できる(総合栄養食の場合)
  • 水分量が少ないので、長期保存が可能
  • 歯にくっつきにくいので、ウェットタイプに比べ歯周病になりにくい

[/aside]
などが挙げられます。

 

逆に、ドライフードのデメリットとしては、

[aside type=”boader”]

  • ウェットタイプに比べ、食いつきが悪い場合がある
  • 水分含有量が少ないため、水分不足を招いてしまう場合がある
  • マグネシウム含有量が多いエサの場合、尿路結石を患う可能性がある

[/aside]
などが挙げられます。

 

ドライフードは、好みが分かれる場合が多いので、

「このドライフードに変えたら、ごはんを一切食べてくれなくなった!」

ということもよくあります。

 

色々なドライフードを試し、ネコちゃんの好みに合ったドライフードを見つけるのが大切です。

 

選ぶ際は、「ヒューマングレード」という、人間でも食べられる位安心・安全な食材を使用しているエサをおすすめします💡

 

我が家では、「カナガン」というドライフードをあげています。

 

ウェットフードは、水分摂取に最適だけど、栄養は十分に摂れない

ウェットフードは、ドライフードに比べて水分量が多く、缶詰タイプのものが主流となっています。

ドライフードに比べ、様々な味があるのが特徴。

 

まぐろ、とりササミなどがメジャーですが、キャビアやうさぎ肉などを使った高級ウェットフードもあります✨

 

ウェットフードのメリットは、
[aside type=”boader”]

  • 味のバリエーションが多く、ネコちゃんの好みに合わせやすい
  • 水分含有量が多いので、水分摂取の手助けになる
  • 美味しさ重視なので、喜んで食べてくれるネコちゃんが多い

[/aside]
などが挙げられ、デメリットとしては、
[aside type=”boader”]

  • ウェットフードだけでは、十分な栄養摂取ができない
  • 歯にくっつきやすいので、歯周病(歯石・口臭含む)の原因となる
  • ドライフードよりも内容量が少なく、高価である

[/aside]
などが挙げられます。

 

ウェットフードは、どちらかといえば”嗜好品”としての役割が強く、それだけでは十分に栄養を摂取することができません💧

 

いなばのちゃお缶にも、

「総合栄養食と一緒にお与えください」

との注意書きがあります。

 

ドライフードが栄養補給を重視しているのに対し、ウェットフードは美味しさを重視している傾向にあります。

そのため、ドライフードよりもウェットフードを好むネコちゃんが多いです。

 

我が家のネコたちも、ドライフードは食べないけど、ウェットフードなら食べるということがよくあります。

 

最近では、缶詰めを開ける音を聞いただけですり寄って喉をゴロゴロ鳴らすので、

「缶詰のエサ=美味しいごはん」

という認識があるんだと思います💡

ドライフードとウェットフード、どちらもバランス良くあげよう

ネコちゃんの健康を考えると、

「ドライフードとウェットフード、どちらをあげるべきか?」

と言われたら、もちろん良質なドライフード(総合栄養食)をあげたほうがいいです。

 

総合栄養食なら、それと水をあげるだけで必要な栄養素を摂取することはできます。

 

 

ただ、それだけだとネコちゃんも毎日の食事がつまらなくなると思うんです。

 

私たちも、健康に良いからといって、

「毎日玄米とみそ汁とめざしのみ!これ以外は健康に悪いからダメ!」

と言われたら、いくら長生きできても毎日つまらないですよね…。

 

 

私としては、
[aside type=”boader”]

  • 栄養を補給するため…ドライフード
  • 食事を楽しむため…ウェットフード

[/aside]
といったかたちで、基本的にはドライフート、補助的にウェットフードをあげることをおすすめしています。

もちろん、ウェットフードは水分補給の手助けという一面もあります✨

 

 

我が家では、「カナガン」というドライフードの他に、いなばのちゃお缶をあげることが多いです。

あとは、たまにちゃおちゅーるなどもあげています。

 

ただ、ちゃおちゅーるはそんなに成分が良くないので、あげすぎないようにしています💦

 

 

健康重視で考えつつ、ネコちゃんに食事を楽しんでもらうことも大事にしたいですね(∩´∀`)∩

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

ABOUT ME
あずもちママ
あずもちママ
ネコをこよなく愛する、関東在住のアラサー主婦。 ラガマフィンの「おもち」とノルウェージャンフォレストキャットの「あずき」を飼っています。■管理人と、二匹のネコのプロフィールはこちら