キャットフード豆知識

4Dミートは危険?キャットフードに4Dミールが使用されているって噂は本当なの?

今あげているキャットフードの原材料欄に、「○○ミール」という表記はありますか?

「○○ミール」という表記があったら、もしかするとそのフードには、病気の動物の肉などを使用した”4Dミート”が使用されているかもしれません…。

 

信頼できるキャットフードをあげたい!

と思っている飼い主さんは特に、この”4Dミート”については知っておきましょう。

このページでは、そんな4Dミートの意味とともに、「本当に、キャットフードに4Dミートが使われているのか」について解説しています。

そもそも「4Dミート」ってなに?

そもそも4Dミートとは、

  • DEAD…死亡した動物の肉
  • DISEASED…病気だった動物の肉
  • DYING…死にかけだった動物の肉
  • DISABLED…障害(ケガ)のあった動物の肉

という、4つの用語の頭文字を取ったものです。これら”4Dミート”は、人間用の食肉として加工することができません。

また、ここでいう「死亡した動物の肉」とは、と殺(=食肉用に処理)された動物の肉ではなく、あくまで”動物の死体”のことを指します。

 

一部の飼い主たちの間では、この”4Dミート”

  • 激安キャットフードの原材料になっている
  • ミートミール等の「○○ミール」には、4Dミートが使用されている

などと噂されています。

4Dミートは、猫が食べると危険なの?

では、4Dミートを猫に食べさせると何らかの健康被害があるのでしょうか?

実際のところ、4Dミートを猫に食べさせたからと言って、必ずしも「危険である」とは断言できません。

4Dミートを実際に食べさせて実験した人もいないため、こればっかりは「分からない」としか言えないのです…。

ただ、死亡した動物には、肉が腐らないように様々な薬剤が添加されている可能性が高く、少なくとも「新鮮な良いお肉」ではないことは確かです。

そもそも、4Dミートは”人間が食べられない肉”なわけですからね…。

 

とはいえ、個人的には、例え健康被害が起きなかったとしても「病気だった動物の肉などを猫ちゃんに食べさせたくない」というのが正直な気持ちです。

<スポンサーリンク>

実際、4Dミートはキャットフードに使用されているの?

では実際、キャットフードに4Dミートは使用されているのでしょうか?

一部では、

「複数の大手ペットフードメーカーは、『4Dミートは使っていない、デマ』と言っていた」

という意見もありますが、本当にそれを信頼していいのでしょうか?

 

この点、4Dミートがキャットフードに使用されているかについては、4Dミートと”○○ミール”の関係性なども一緒に説明する必要があるので、それぞれ順番に説明していきますね。

 

\見出しをタッチすると、その場所までジャンプできます/

原材料には、「4Dミート」と記載されることはない

まず、「4Dミート」はあくまで俗語であるため、キャットフードの原材料欄に「4Dミート」と記載されることはありません。

4Dミートの使用が考えられる原材料には、

  • ミートミール
  • ミートボーンミール
  • 家禽ミール
  • チキンミール
  • ポークミール

などの表記がされています。「○○ミール」と書かれていることがポイントです。

<イメージ>

「○○ミール」と書かれた原材料は、あくまで”4Dミートの使用が考えられる”原材料です。

「○○ミール=4Dミート」というわけではないので注意しましょう!

<スポンサーリンク>

必ずしも「○○ミール=危険」というわけではない

「4Dミートが含まれると考えられる原材料は、○○ミールと表示される」と書くと、

○○ミールって危険なのね…!

と感じる方も多いと思います。

ただ、必ずしも「○○ミール」と書かれている原材料が危険というわけではありません。

 

「○○ミール」というのは、一言でいえば

「お肉や内臓などを粉状(=ミール状)にしたもの」

です。

そもそも豚や鳥などの動物には、”人間が食べられる部位ではないけど、栄養が沢山ある部位”もたくさんあります。

それらを粉状にして、キャットフード用に加工しやすくしたものが「○○ミール」です。

 

なので、必ずしも「○○ミール=危険」というわけではありません。

詳しくは「ミートミールって危険なの?」に書いているので、もっと細かく知りたい方はこちらの記事もあわせて読んでみてくださいね!

ミートミールってなに?「○○ミールを使用したキャットフードは危険」って噂は本当?キャットフードの原材料名を見ると、よく「ミートミール」等の表記がありますよね。 「ミートミール」なんて食材、人間用の食べ物では聞い...

死亡した動物が、ペットフードの原材料になることもある

とはいえ、「○○ミール=安全」とも言い切れないのが事実です。

というのも、死亡した動物(豚・馬、鳥類)がミートボーンミール(=肉骨粉)となり、ペットフードに使用されている可能性があるからです。

 

これは、農林水産省が平成25年に通知した「ペットフード用肉骨粉等の取扱いの見直し」という通知の中に書かれています。

(出典元:農林水産省「ペットフード用肉骨粉等の取扱いの見直し」)

この図をよく見ると、一番左に「死亡家畜等」と書かれており、それが「ペットフード用肉骨粉等」に加工され、ペットフードになっているのが分かりますよね。

 

この表だけでは、この「死亡家畜等」がどのような理由で死亡した家畜なのかは分かりません。

すなわち、病気で死亡した家畜をはじめ”4Dミート”に分類される家畜がミートボーンミールとなり、キャットフードになっている可能性もあるということです。

<スポンサーリンク>

結論:○○ミールには、4Dミートが使われている可能性もある

色々と難しい言葉が出てきて混乱している方もいると思いますが、結論としては、

「原材料欄に”○○ミール”と記載されているキャットフードの中には、4Dミートが使用されている可能性がある」

ということです。

「絶対に含まれていない」とも「絶対に含まれている」とも断言できないので、私としても歯がゆいのですが…。

 

ただ、個人的な意見としては、

  • 4Dミートが使用されている可能性がある
  • 4Dミートが使用されていないことを確認する方法がない

ことを考えると、「○○ミール」と表記されたキャットフードはなるべく避けた方がいいと思っています。

 

実際のところ、「○○ミール」を使用していないキャットフードは原材料にこだわっているものが多く、その分価格も高くなりがちですが、安心・安全はお金に代えられません。

猫ちゃん達が自分でご飯を選べないからこそ、その分私たちが気を付けてあげましょう!

ファインペッツは、全ての原材料がヒューマングレードのキャットフード

「信頼できるキャットフードをあげたい…」という飼い主さんにおすすめのキャットフードが、「ファインペッツキャットフード」。

ファインペッツキャットフード」は、全ての原材料がヒューマングレード。

つまり、”人間が食べることができるレベル”の原材料しか使用していないキャットフードなんです!

 

また、

  • 化学合成された酸化防止剤、防腐剤
  • 放射性物質汚染原材料
  • 重金属類や残留農薬が混入した原材料

も一切使用していないので、今あげているキャットフードに不安を覚える飼い主さんは「ファインペッツキャットフード」が本当におすすめです。

ファインペッツキャットフードの詳細を見る

 

肝心の食べっぷりについては、小粒で食べやすいのか、我が家のあずもち達も気に入ってくれました!

ちなみに、1.5kg入った通常サイズが初回限定で1,000円(税抜)で購入できるので、気になる方はお早めに!※通常価格は3,429円(税抜)

 

正直な話、お試しサイズ(小さいサイズ)を安く試せる…というメーカーは多いですが、通常サイズを約70%OFFで購入できるのは本当に珍しいです(;´・ω・)

それだけ、自分たちが作っているフードに自信があるってことかもしれませんね。

 

1.5㎏1,000円だと、スーパーやディスカウントストアで売られているキャットフードとさほど変わらない価格なので、ぜひ初回限定価格お得に試してみて下さいね!

\1.5kgが3,429円⇒1,000円で買える!/

ファインペッツキャットフードを詳しく解説!」では、ファインペッツキャットフードをより詳しく紹介しているので、気になる方はこちらも読んでいただけると嬉しいです(*´ω`*)

ファインペッツキャットフードの特徴や成分、口コミを紹介!我が家のネコたちにも食べてもらいました♪「ファインペッツキャットフード」は、”全ての原材料がヒューマングレード”という、高品質のキャットフード。 「全ての原材料がヒューマ...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
ABOUT ME
あずもちママ
あずもちママ
ネコをこよなく愛する、関東在住のアラサー主婦。 ラガマフィンの「おもち」とノルウェージャンフォレストキャットの「あずき」を飼っています。■管理人と、二匹のネコのプロフィールはこちら