おすすめ猫グッズ

猫用コタツ「ペットの夢こたつ」の使い心地は?温度が熱すぎないから、猫ちゃんが使っても安心♡

冬になると決まって悩み始めるのが、”猫ちゃんの寒さ対策”ですよね。

色々な”あったかグッズ”を試してみても、猫ちゃんからの”合格”がもらえない…。

 

そんな”あったかグッズ迷子”の方におすすめしたいのが、今回紹介するキャティーマンの「ペットの夢こたつ」です。

 

「ペットの夢こたつ」は、猫ちゃんが使っても安心なように設計されている上、8時間の電気代が約3.9円とお財布にも優しい!

我が家のあずもち達も、「ペットの夢こたつ」を気に入って使ってくれています。

 

というわけで今回は、「ペットの夢こたつ」の特徴やあずもちに使ってもらった感想をお伝えします♪

\8時間で約3.9円と経済的!/

猫用コタツ「ペットの夢こたつ」の特徴

1、約31℃だから、熱すぎない温度で安心

コタツを使用する上で心配なのが、コタツの温度。

猫ちゃんは温度の変化に鈍感な部分があるので、人間用のヒーターやコタツを使用すると、低温やけどを引き起こす可能性も…。

 

うちの子達も、こんな風にヒーターの目の前に行きたがるので、ヒーターを使う時は絶対に目が離せません。

 

その点夢こたつは、こたつの温度が約31℃と熱すぎない温度になっているため、温度に鈍感な猫ちゃんがケガをしにくい温度になっています♪

低温やけどが”絶対におこらない”とは言い切れないため、長時間使用する際は、電源をオフにすることをおすすめします。

2、ヒーターが直接当たらないようになっている

また夢こたつは、コタツのヒーターが直接あたらないように設計されています。

 

夢こたつのテーブル裏面はこんな感じ。

ペットの夢こたつのテーブル裏面

 

ガードがついているため、ここを直接触っても熱くありません。

 

ちなみに人間用コタツの場合、ヒーター部分にふとんや毛布が接触して火事に…という事故も発生しているため、直接ヒーターに触れない設計になっているのは安心ですね♪

<スポンサーリンク>

3、8時間の電気代が約3.9円と経済的

さらに「ペットの夢こたつ」は、8時間使用した際の電気代が約3.9円と経済的!

ちなみに1日8時間暖房を使用した場合の電気代は、約129.6円です。

※どちらも、1kWh=27円で計算

 

1日8時間、約一ヶ月(30日間)使用した場合の電気代は、

  • 夢こたつ…約117円
  • 暖房…約3,888円

と、暖房を使用した場合の約1/33という安さ!

 

また、暖房は部屋全体が暖かくなるのに対し、夢こたつが暖かくなるのはコタツだけ。

暖房の場合、特に猫ちゃんがワンルームで過ごす場合は

暑くなってきた…少し涼みたい…

と思っても、猫ちゃんはエアコンのリモコンを操作できないので”逃げ場”がありませんが、夢こたつなら、

寒かったらコタツの中へ、暑かったらコタツの外へ

と、自分たちで調節できるので、猫ちゃん自身も嬉しいのではないでしょうか♪

4、噛みつき防止コードになっている

また、コードが「噛みつき防止コード」になっているのも嬉しいポイントの一つ。

というのも、コードを噛んでしまう猫ちゃんもいますよね…。

 

我が家でも、あずきが特に

あずき
あずき
紐だ!噛み切らなきゃ!

とコードや紐を噛むのが大好きなため、電化製品には全てこういったコードカバーが欠かせません。

 

でも、このコードカバーってつけるのが結構面倒で…。

その点夢こたつは、あらかじめ噛みつき防止コードになっているため、コードカバーをつける手間が省けて助かりました。

 

ただ、コンセント部分から15センチ程はコードが剥き出しになっていたため、この部分は念のためコードカバーをつけて使用しています。

<スポンサーリンク>

5、中も上も温かいから、多頭飼いにもおすすめ

ペットの夢こたつ」は、コタツの中だけではなくコタツの上も温かくなります。

そのため、コタツの中・コタツの上を同時に使用することができるので、多頭飼いのご家庭にもおすすめです。

 

我が家でも、あずきがコタツの上、おもちがコタツの中…と、二人で1台を上手に使っています。

(一人一台用意したのに、なぜか1台を仲良く使っていることも…笑)

猫用コタツの上で寝る猫

 

もちろん、コタツの上もほんのり温かい程度なので、猫がコタツの上で寝てしまっても大丈夫ですよ(*´ω`*)

猫用コタツ「ペットの夢こたつ」の大きさは?

猫用コタツ「ペットの夢こたつ」の大きさは、

  • テーブルのみ…45cm×33cm 高さ32cm
  • カバーを広げた状態…95cm×95cm

となっています。※どちらも実際に測った大きさです

 

カバーをふわっと広げたイメージはこんな感じ。

ペットの夢こたつを広げたイメージ

 

コタツというと、部屋の真ん中にドーン!と”主役”のような存在感を放っていますが、あくまで”猫用コタツ”なので、そこまで大きくはありません。

 

箱ティッシュと比べたイメージはこんな感じです。

 

ただ、通常はカバーをめいいっぱい広げて使用するわけではないので、そこまで広いスペースは必要ないかと思いますよ♪

<スポンサーリンク>

夢こたつをあずもちに使ってもらいました!

では早速、我が家のあずもちに猫用コタツ「ペットの夢こたつ」を使ってもらいました~!

 

設置してみたところ、「我先に」とコタツの中へ入っていったのは兄のおもち。

5分前に初めて見たはずなのに、

おもち
おもち
長年愛用している”僕のコタツ”です

とでも言うかのように、慣れた様子でコタツを使用するおもちさん。

猫用コタツを使用する猫

 

一方、あずきは”コタツの上派”なようで、コタツの上でぬくぬくと気持ちよさそうに寝ていました♪

猫用コタツの上で寝る猫

 

またある日は、

二人がどこにもいない…

と思い、家の中を捜索してみたところ…二人でコタツの中で寝てる!!

 

ギューッとくっついて寝ていて、とても可愛い光景でした💕

あずきもおもちも、いわゆる”大型猫”に分類される品種ですが、二人でコタツの中に入ることも可能なようです。

 

ちなみに、特に寒い日は暖房を入れますが、部屋の温度が上がるとすぐにコタツから出てきたり、自分たちで体温を調節しているようなので安心しました。

 

「ね~こはコタツで丸くなる♪」

という歌から、

コタツに入ったまま出てこなくて、熱中症になったりしないかな…?

と心配していましたが、定期的にこんな感じで涼んでいるので、今のところ我が家では、コタツの使いすぎによる脱水症状や熱中症は一度もありません(*´ω`*)

 

<スポンサーリンク>

管理人が「夢こたつ」を使ってみた感想

また、管理人である私も夢こたつをちょっとお借りしてみました~!

 

足を入れてみると、ほんのりやさしい温かさが足を包みます。

 

人間用のこたつよりも温度は低いのですが、この”ほんのりあったか”な温度が逆に良い!

ずっと足を入れていると眠くなってきて、ついウトウトしてしまいました…。

 

我が家には夢こたつが二台あるので、あずもちが使っていない時によく借りています。

たまに私が一台、夫がもう一台を使用してしまって肝心の猫本人が使えず、

おもち
おもち
いや、僕達のだからどいて欲しいんだけど…?

とイライラされることもあります。(笑)

(その際は、丁重にお詫びをしてすみやかに譲ります)

 

ただ、やはり人間が使うにはサイズが少し小さいので、「人間用夢こたつ」も作ってもらえると嬉しいですね(*´ω`*)

「夢こたつ」を使用する際の注意点

1、専用カバー以外は使用しない

まず、コタツにつけるカバーは、夢こたつの専用カバー以外は使用しないようにしましょう。

専用カバー以外のものを使用すると、場合によってはコタツの温度が上がりすぎてしまい、猫ちゃんが脱水症状や火傷になってしまう可能性もあります。

 

ちなみに、本体+カバーのセットだと、この記事でも紹介している赤地に星柄のカバーのみの販売になりますが、専用カバーだけなら

など、様々な柄があります。

 

カバーの柄が変わると、一気に雰囲気も変わるので、ご自宅のインテリアに合うカバーを探してみて下さいね!

(ただ全体的に柄が派手なので、無地とか地味なカバーがあったらなお嬉しいというのが本音…!笑)

2、長時間連続使用する時は、時々猫をコタツから離す

また、長時間連続使用する時は、時々猫をコタツから離して”休憩時間”を設けるようにしましょう。

というのも、例えば私たちも、つい湯船に入ったまま寝てしまい、起きたらのぼせて脱水症状に…ということってありますよね。

猫ちゃんも同様に、ついついコタツの中で長時間寝てしまい、起きたら

おもち
おもち
うわ…なにこれ暑いっ…!

となる可能性もあります。

また、長時間コタツの上で寝ていると、場合によっては低温やけどを引き起こす可能性もあります。

 

なので、猫ちゃんがコタツから長時間出てこない・移動しない時は、

  • コタツの電源を切る
  • 猫ちゃんをコタツから離す

などの対策をして、定期的に”休憩時間”を設けるようにしましょう。

<スポンサーリンク>

3、自分で動けない猫の場合は、常に様子を見守る

さらに、

  • 幼猫
  • シニア猫
  • 脚が不自由な猫

をはじめ、自分で動けない猫ちゃんが夢こたつを使用する場合は、常に様子を見守るようにしましょう。

 

というのも、自分で動き回れる猫ちゃんであれば、

おもち
おもち
もう暑い…!

と思ったら、自由にコタツの外へ出て体温を調節することができます。

 

でも、自由に動き回れない猫ちゃんの場合、「暑い!」と思っても自分で外へ出ることができません。

その状態が長く続くと、猫ちゃんが脱水症状や熱中症になってしまう可能性もあります。

 

元々脚が不自由だったり、自分で上手く動けない猫ちゃんの場合は、購入前に一度主治医の先生に相談してみることをおすすめします。

「夢こたつ」で、猫ちゃんと一緒にぬくぬくしよう♡

猫用コタツの上で寝る猫

 

猫用湯たんぽは使ってくれないし、暖房をつけっぱなしにすると乾燥するし…。

どうやって猫の寒さ対策をするべきか、私自身ずっと悩んでいました。

 

でも「ペットの夢こたつ」を購入したおかげで、”あったかグッズ迷子”からも卒業でき、なによりあずきとおもちが”自分たちの空間”を手に入れて嬉しそう!

たまに私もコタツにお邪魔していますが、彼らの機嫌が良いと、一緒にコタツへ入ってきて私の足に寄り添って寝てくれるので、幸せな”ぬくぬくタイム”を過ごしています

 

1日8時間×30日使っても約114円とお財布にも優しいので、この冬は「ペットの夢こたつ」で猫ちゃんと”ぬくぬくタイム”を過ごしてみませんか?

\8時間で約3.9円と経済的!/

【おまけ】今回のNGショット集

では最後に、今回のNGショット集をお届けします。

 

今回は、上手くコタツに入れなかったおもちさんのショット。

 

上手く入れなかったのか、あえてこの体勢で寝ているのかは分かりませんが…。

 

まさに”頭隠して尻隠さず”

兄のどんくさい寝姿に、妹のあずきも思わずこんな顔に…。

 

ちなみにこれは余談なんですが、子どもの頃にやった「ことわざかるた」で、「頭隠して尻隠さず」のイラストに使われていた動物が猫だったんです。

そのため、ずっと「頭隠して尻隠さず=猫」と思い込んでいたのですが、調べてみると、このことわざのモデルは雉(きじ)だそうな。

雉は、草むらの中に隠れたとしても、長い尾っぽは丸見えになっている様子が「頭隠して尻隠さず」の由来になっているそうです。

 

かるたを見た時からずっと、

猫って意外とどんくさい性格なんだな~

と思っていました…世界の猫様、ごめんなさい( ;∀;)!(笑)

 

というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございました!

\8時間で約3.9円と経済的!/

ABOUT ME
あずもちママ
あずもちママ
ネコをこよなく愛する、関東在住のアラサー主婦。 ラガマフィンの「おもち」とノルウェージャンフォレストキャットの「あずき」を飼っています。■管理人と、二匹のネコのプロフィールはこちら